出会った瞬間、砂糖漬け。

コンポートより甘く深く

神山智洋担が東京遠征して舞台「オセロー」を5公演観た。

2年ぶりのはてブです。

 

久しぶりだなぁ!!! この2年間もかわらず、神山くんを追いかけていました。

 

ハマりたてでよくわからないままフェスティバルホールに足しげく通っていた私は、無事に(?)オタク2歳になり、

 

 

ついに首都東京 新橋演舞場へ通うこととなりました!!!!!

 

f:id:asazora:20181028205017j:plain

 

 

9月2日~26日に公演していたシェイクスピアの「オセロー」を観劇しました。

1回4時間の長丁場、休演日なしの全38公演。

 

残暑の熱さ、猛烈な台風21号とともに、オタクの戦いが始まった。

 

 

第1幕 自担が代役を務める

 

ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival」も終焉を迎え、次の現場を待ちあぐねつつ、 嵐繋がりで10年来の友人になったセクゾ担に誘われほいほい「SEXY ZONE repainting Tour 2018」の参戦準備をいそいそとしていました。

 

そんな5月3日、ジャニーズ事務局から一通のメールが届きました。

内容は、

 

「舞台『オセロー』神山智洋の出演が決定しました」

 

オセロー?シェイクスピア?イアーゴー?

 

有名ではあるもののシェイクスピアの本に手を出したことのない私は、いったいその人物がどんなキャラクターなのかまったく見当がつきませんでした。

 

調べる間もなくTwitterのタイムラインには情報が溢れ出し、

イアーゴーのキャラクターとオタクからの配役への感謝の言葉が綴られていました。

 

他にも、先輩である今井翼さんの代役を任せてもらえる喜びと、有名な作品への挑戦、言い回しへの不安と期待が織り交ざっていました。

 

なんといっても、「シェイクスピアー」「主演 中村芝翫」さん。

うれしい気持ちの反面、翼くんの想い・翼くんファンの想いが、神山くんにもオタクにも伝わってきたように思い、まだこの頃は「主君を陥れる悪役イアーゴー」の名前に、わくわくと胸を躍らせていました。

今思えば、大千秋楽の時まで気づかなかった「愚かな」安直な私へ教えてやりたいです。

詳しくは第三幕で書いていきます。

 

ここで神山智弘くんの出演した「オセロー」のあらすじをご紹介します。

 

ここはヴェニス。公国に仕えるムーア人の将軍オセロー(中村芝翫)は、人種を越え、元老院議員の娘デズデモーナ(檀れい)と秘密裡に結婚をした。

オセローの忠臣イアーゴー(神山智洋)は、副官に任命されなかったことで、オセローに深い憎しみを抱いていた。イアーゴーは、デズデモーナに横恋慕をするロダリーゴー(池田純也)をそそのかし、デズデモーナの父に秘密の結婚を密告させる。怒りに震える父は武器を取り、オセローと対峙するが、オセローは堂々とデズデモーナへの愛を語る。かけつけたデズデモーナからもオセローとの愛を知らされ、父は「父親を騙した女だ。騙されるぞ、おまえもきっと。」という不吉な言葉をオセローに残しつつ、やむなく結婚を許す。

そして、オセローはトルコ艦隊からの危機に備え、総督として急遽キプロス島へ向かうことになる。

 

オセローがキプロス島に到着すると、敵は嵐のため海の藻屑となり全滅した。勝利と結婚の祝宴が開かれる中、オセローを陥れる計画を練っているイアーゴーは、まず手始めに、副官のキャシオーを意図的に酔わせて暴れさせ、失脚させることに成功する。なんとしても復職したいキャシオーは、その助けを借りるため、デズデモーナとその侍女エミーリアを尋ねていく。イアーゴーは、あたかもデズデモーナがキャシオーと密会をしているかのように言葉巧みにオセローの心を揺さぶる。オセローは初めて嫉妬に悩み、若妻を疑う。デズデモーナは誓って貞淑で忠実だと訴えるが、嫉妬の枷にはめられたオセローはもはや聞く耳を持たない。さらにイアーゴーがでっちあげた浮気の証拠を事実だと信じ込み、疑惑は確信へと変わる。

 

愛を失ったことを嘆き、悲しい失恋の唄を歌い寝室で夫を待つデズデモーナ。オセローに改めて身の潔白を主張し、不変の愛を誓う。しかし、嫉妬に駆られたオセローは―――――――。

 

 

 

平成まで伝わったシェイクスピアの作品。

また、中村芝翫さん・檀れいさんという舞台に立ち続けるお仕事をしてきた人と名を連ね隣に立つことに胸は期待でいっぱいでした。

 

突然の代役、難しいシェイクスピアの台本でしたが、私は2年前に見た舞台 VBB*1で演じた蛍太郎が忘れられませんでした。

 

テレビでしか見たことのなかった神山くん。

舞台に現れたのは、「蛍太郎」で、気持ちをすべて持っていかれる。

目が離せなくなったのは

 

アイドルじゃくて役者 神山智洋だったからだと断言できます。

 

その、良い意味で期待を裏切ってくれた役者だからこそ、今回も、私の想像より何倍も何倍も素敵な演技を見せてくれるんだろうと安心できました。

また、ラジオを通して(たしか淳太くんが言っていたような)、神山くんがずっと台本を読んでること、読んでいる台本が分厚いこと、言い回しが複雑で大変なこと。

いっぱいがんばってること、メンバーにも私にもしっかり伝わっていました。

 

 

 

第2幕 気が付くと手元にチケットがいっぱいある

 

 

オタクあるあるだと思うんですが、チケットをたくさん手に入れてしまうことが多々あります。

気づいたらチケットが5枚と新幹線の往復切符が3セットありました。

総額は考えたくありませんが、「財布に金を入れときな」*2はこういう時に使うためにシェイクスピアが考えたんだと思います。

 

明確な意思のもとチケットをとりまくり、満足したところで発券をやめました。

全ての公演後にいくらかかったのか宿泊費・チケット代・交通費だけ計算したら、簡単に海外旅行に行けそうでした。

 

余談ですが、遠征でかさんでしまうのは食費です。

新橋演舞場周辺の美味しいお高いお寿司もたくさん食べたので、食費がえらいことになってるのはわかってるのであえて含めませんでした。

でも、満足感で心はいっぱいです。おなかもいっぱい。

 

f:id:asazora:20181028211744j:plain

築地で食べた最高にうまい寿司です。ご査収ください。

 

きっと神山くんを好きにならなかったら、移転してしまう築地にもいけなかったので全く後悔していません。

 

ニュースを見ていても、なんとなく築地のお引越しが頭に浮かんできてイメージもしやすかったです。教養もついたね!ラッキー☆(教養ではないかもしれない)

 

 

第3幕 最高の舞台をありがとう

 

 

これもあるあるだと思うんですが、自担ってどこにいても見つけれませんか?

 

遠くても、顔が見えなくても、担当センサーというか、「好き!!!!」って気持ちだけで、舞台のここにいるっていうのがわかるんですけど(あるあるじゃなかったらごめんなさい)、

 

イアーゴーは一瞬わかりませんでした。

 

VBBの時はヤクザであるなめくじ連合の一人、パーカーを目深に被っていても一瞬でわかったのに、イアーゴーはそこに神山くんがいないようなそんな気持ちになりました。

口を開いても、笑っていても、それは神山智洋じゃなくて、オセローの騎手イアーゴーでした。

 

鳥肌が立ちました。

 

だって、私が知っている神山智洋ダンスに全力で、透明なソプラノのような声で時に力強く、時に切なく歌い、ころころと表情を変えて演技する、 そんな「陽」の雰囲気をもった人だったからです。

 

舞台下手からロダリーゴーと船に乗りゆっくりと登場したイアーゴーにはもう元の姿の面影はありませんでした。

 

低く、常に鋭く睨み付け、誰も近づけさせない、イアーゴーそのものが憑依したようなそんな姿だったことを昨日のことのように鮮明に覚えています。

 

始まる前までは「自担に演じてほしい役すぎる」、とか、「策略家なの?どういうこと!?」とかなんだかんだ楽しみとかそういった高揚した気持ちだけだったものが、第一幕が終わった時にはどっと疲れが押し寄せました。

心が疲れたっていう感想に尽きると思います。

 

たった30分の間に私はまんまとイアーゴーに心を持ってかれました。

また、「良い舞台に出会えた。」とも思いました。

役者から目が離せなくなって、気持ち全部持って行かれる体験。なかなかできるものじゃないと思います。

 

ここからはいくつか気になった舞台のポイントを列挙したいと思います。

舞台を見ていない人にとっては少しわかりにくいかもしれませんがお付き合いいただくか、すっ飛ばしていただければと思います。

 

  1.桶に縋り付き泣く女

 

デズデモーナはオセローと結婚し夜に屋敷から抜け出す。イアーゴーの護衛のもと元老院に向かおうとするオセロー。そこに、娘を攫ったオセローを探しにロダリーゴーとともにデズデモーナの父ブラバンショーが現れ口論となる。口論が治まると、棺に縋り付き泣く女が横切る。

 

原作にはないシーンで、脚本家のアイデアなんだろうけど、 安直にとらえれば、

 

「棺桶の中=失ってしまったもの」

「泣く女=イアーゴーの策略によって大切なものを失っただれか」

 

なのかなぁと思います。 それは、

 

⑴デズデモーナを愛していた勇敢なオセローと勇敢なオセローを愛し続けたデズデモーナ

⑵正直なイアーゴーと全てを失ったイアーゴー

 

その二択かなと現時点では考えています。

 

他にも、妻と旦那の関係にヒビが入り決別した…とか別れとかそういったものか、とか。

 

ラストのエンディングの伏線?と思っているんですが、だれかもっと面白い案があれば教えてください。

 

 2. 名前の前につく枕詞

 

「勇敢なオセロー」とか「正直なイアーゴー」とかシェイクスピアならではの言い回しだとと思うんですが、そのセリフが二幕・三幕と続く劇の中でより一層感情を揺さぶられました。

 

私自身がすぐに感情移入する劇チョロ単純ということもあるのですが、

裏切りに裏切りを重ねるたびに「正直なイアーゴー」というセリフが重くなっていくというか、これだけ裏切りをはたらいているのに、オセローもデズデモーナも嫁のエミーリアでさえもまったく気づいていません。

また、2幕(イアーゴーの吹聴によりオセローがデズデモーナに嫌疑を掛け狂いだした)より後には「愛しいデズデモーナ」と呼んでいたオセローが「あの卑しい淫売め」と名前もよばなくなったことです。(たしか、鏡の間でぶん殴る時に一度名前を呼んでた)

 

この、名前の前に「~~な○○」といった言い回しがあったことでも、ストーリーがわかりやすく頭の中にはいってきたのかな…。

この時代の作品はどれもシェイクスピアのように飾り立てられた文章だったら、ただの恥ずかしい感想文になってしまうんですけど、まあいいや。

 

 

 3.イアーゴーと女性の関係

 

イアーゴーと夫婦関係にあるのはエミーリアですが、私は本当に好きなのはデズデモーナだと思っています。(原作を途中までしか読めていない人間の言葉ですが、あくまで今回の舞台は、と思ってください。)

 

軍人で荒っぽいしゃべり方のイアーゴーですが、舞台のイアーゴーからは気品もあり(これは神山くんのお顔からの印象もありますが)原作とはまた違った感じ方をしました。

一幕か二幕で「俺はデズデモーナに惚れてる。性欲なんかじゃない」という台詞があるのですが、

 

美しい容貌のデズデモーナではなく、まっすぐ穢れなく人に向き合うデズデモーナに惚れているのではないかと思います。

 

その一方で、エミーリアとの夫婦関係も順調で、エミーリアのことも好きだったように感じます。

初恋の人をいつまでも好きでいるように、デズデモーナには密かな恋心…というのはあまりにかわいくなってしまいますが、そんなような感情だと思っています。

 

根拠としては、「3幕 ガラスの間でデズデモーナを抱きしめるイアーゴーの表情」 です。

 

愛する夫オセローから不義を働いたと疑われ、淫売と罵倒されたデズデモーナ。

「夫からの愛がないなら、心の平穏などいらない」と自分の潔白と生涯主人オセロ―へ忠誠と愛を祈り泣き崩れるデズデモーナを「泣かないで、泣かないで」と抱きしめ返したイアーゴーの表情はこの世のすべてから解放され、安堵しているようでした。

 

このシーンは鳥肌が立って仕方がありませんでした。

 

檀さんから目が離せなくなり、美しく、強く、夫への溢れんばかりの愛とそれと反する女性の儚さが全身に伝わってきました。

 

が、この感動が伝えられない。

 

あまりにも美しすぎて、檀さんの美しさを形容する国語力が私にない。もどかしい!!ああっ!!クソ!!(心のオセローが乱れる図)

 

…その儚く真っ白なデズデモーナと欲に塗れて真っ黒なイアーゴーが抱きしめた瞬間、イアーゴーが浄化されていくようでした。

きっと、見た人は全員このシーン好きだと思います。

 

でもでも、エミーリアのことも進行形の好きだと思うんだよなあ…。

 

伝えきれないので次へ行きます。

 

 

 4.ロダリーゴーがかわいすぎる

 

多分、私をよく知る人なら「あぁ、好きそう」ってわかるくらいタイプでした。役も役者も。

 

f:id:asazora:20181028213129j:plain

 

ロダリーゴーは、デズデモーナにお熱で、お金持ちのぼんぼん、頭の弱い、所謂当て馬役だった。

 

みんな好きでしょう。

 

役者は池田純也さんというらしく、26歳の若さで脚本・演出にも携わり、既婚者らしい(ココ重要)

 

誤解はしないでほしいんですが、 既婚者めっちゃ好きなんですよ(誤解しか生まない言葉)

 

若手俳優に関して、全くわからないんですが、どうやら薄桜鬼の藤堂平助(好き)役もしてたらしい(好き)(好き)

 

f:id:asazora:20181028213105j:plain

 

関西ジャニーズJr.の今江大地くんも好きなんですが、

 

f:id:asazora:20181028214101j:plain

 

彼も池田さん同様お口がおっきい。かわいい。

 

というわけで、一幕でイアーゴーに目も心も奪われつつ、ロダリーゴーもかなり気になっていたし、2回目観劇に至っては、完全にロダちゃんロックオンの時もありました。

 

「世界全部をくれると言われたって、わたしがそんなことするなんてとんでもないことだわ」*3とオセローへの愛を誓うデズデモーナの姿を見ながら、バチバチにあの人以外に喜びを見出してしまっていました。

 

キプロス島で、オセローがデズデモーナの手を引き、腰を抱き、キスをするたび、もの影に隠れていたロダちゃんが届かない手を伸ばし悔しい思いをしている…。

 

いいわぁ~~~。

 

 

最終的に、イアーゴーにそそのかされ、田舎の土地も全部売って作ったお金も「無くなっちゃった」ロダちゃんは、闇夜でキャシオー殺しの罪を被せられ、イアーゴーに刺殺されます。

 

「騙したな…イアーゴー…」 痙攣して絶命。

 

今、気づいたんか~~~い!!遅いやないか~~~い!!

 

抱きしめるような形で腹をひと突きした狂った表情のイアーゴー、

最後の最後までイアーゴーに頼ることでしか行動できなかったロダリーゴー。

 

最高かよ。

 

 

最後に、

 

シェイクスピアの舞台ということでかなり身構えていたのですが、観劇してみるとすごくわかりやすい。

以前、友人(池田純也さんのDVD借りることになりました)がシェイクスピアの本は読みやすいよ~といっていたのですが、どうしてもあの台本形式の文体を読み進めることができず、二幕までしか読めないまま東京へ向かったにもかかわらず、あんまりあれやこれやと考えなくても楽しめました。

作品が作品なだけあって、観劇後に疲れるのは言うまでもありませんが、 それ以上に神山くんが目に見えて弱っていってるのがわかったのがつらかったです。

 

初めにも書きましたが、彼の演技は「イアーゴーが憑依したような姿」で幕が降りた後も曇った表情で役が抜けきるのに時間がかかりそうなイメージを受けました。

月の中ごろが一番役に憑りつかれてるようで、最後の方はもう少し軽くなったかな?といった印象でした。

 

でも、私の憶測を飛び越えて耳に入ってきたのは千秋楽の挨拶での声でした。

 

掠れて、声を出すのもやっとというような声で、いつもの神山くんよりやつれたような表情でにっこり笑って挨拶をしてくれました。

胸の奥で熱い血液がどくどくと流れるのを感じました。

 

「結構しんどそうだな」とか「前より少しましかな?」とかじゃない、全然大丈夫じゃない。

今すぐゆっくり休んでほしい。

 

神山くんはオタクの予想よりずっとずっとイアーゴーに憑りつかれていました。

9月17日MステウルトラFES2018で「いつもより笑顔が少ないのは疲れてるんじゃなくてイアーゴーが残ってるからだ」と勝手に理想を押し付けていた自分を殴りたい。

 

こんなにも疲れた状態で、36公演やってのけたのかと。

 

私が観たのはそのうちのたった5公演だけど、いつの公演であっても、同じクオリティで私たち観客を楽しませてくれました。

幕が上がっているときに一瞬たりとも疲れは見えなかった。

彼のプロ根性をこの目で見ました。

 

いつもは孫を見るような気持ちで「かわいいねぇかわいいねぇ」とおもっていた神山くんがいつもの何倍も何倍も大きく見えて誇らしかったです。

 

 

神山くんはどこに出しても恥ずかしくない私の自慢の担当です。

 

 

全36公演、カンパニーのみなさん、神山智洋くん、お疲れ様でした。

いっぱい休んで、いっぱい美味しいもの食べて、回復していつものピッカピカの笑顔をステージでみせてください。

 

 

P.S.

更新された有料ブログサイト「なにわぶ誌」でも神山くんの本音が知れました。

ただ、それをここで書いてしまうのはルール違反な気がするのでぜひ課金してみてみてください。

*1:舞台 劇団新感線☆RX「Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~」の略。

*2:劇中、イアーゴーが変装してキプロス島へついてくるようロダリーゴーにけしかける時の台詞。実際には、ロダリーゴーよりもオタクの心に響くこととなる。

*3:第三幕での台詞。世界すべてが手に入り、夫を将軍にする力を手に入れることができるとしても、浮気をすることはないというデズデモーナ。反対にエミーリアは「些細な罪に、大きなほうび」とするかもしれないという。

ジャニストPowerPoint(60分コース)

 

 

「嵐は5人!」と誇らしげに豪語するジャニーズに全く興味のない友人(ボイメンヲタ)が、ジャニーズWESTのコンサートに行ってくれる(当たってくれ)と言ってくれたので、

 

 

嬉しすぎて3日掛けてPowerPoint作った。

 

総製作時間24時間。

 

全16枚。ノートにしゃべることもがっつり書き込んだ。

 

 

愛が溢れてしまったってこういうことか。

 

ステマブログはたくさんあるし、URL送り付けるのもアリかなと思ったけど、解釈がちょっと違うとか、もうちょい情報詰め込んで欲しい…とか思ってるうちに気付いたら作ってた。

 

こうやってステマブログは生まれていくんだね。

 

ラジオ大好きなド新規のぺーぺーが、知ってる情報をひたすら詰め込み作ったので、長年応援してる方からみると違う!って部分はあるかもしれませんが、ご了承下さい。

 

個人の見解詰め放題のやりたい放題パワポです。

WESTというグループにどういうメンバーがいるのかを知ってほしいという気持ちをぶつけました。

 

メンバーによって熱量が違う箇所がありますが…というか、神山くんだけ画像の枚数が違うけど、

 

まあしょうがないよね!!!愛故に!!!

 

アニメーションも付けまくってますがその変はざっくり省略。

 

書き込んだノートの文章をちょこちょこ直してブログ用にしました。

夜中に書いたり、電車の中で書いたり、とにかく口調がそろっていませんが思いの丈の文字数は約14000字!長くなりますが!!!お時間ある時にどうぞ。

 

 

それではスタート!

 

 


f:id:asazora:20161121170800j:image

 

これから、ジャニーズWESTについてプレゼンしたいと思います。

それでは始めさせていただきます。

 

ジャニーズWESTはいいぞ」

~ハイカースト爆モテリア充集団~

 

 
f:id:asazora:20161121170812j:image

 

まず、ジャニーズWESTとはどんなグループなのか。

 

グループ名にあるように、

ジャニーズ事務所所属の日本の7人組男性アイドルグループ

 

2014年4月23日「ええじゃないか」でCDデビューを果たし、オリコンチャート週刊1位を例のごとく獲得。

タイトルからイメージされるようにこんな感じに良いとんちき感があります。サビは同じメロディーが繰り返されているので、小さいお子さんにも簡単に歌えて、運動会などでも使用されることが多いよう…。

 

メンバー全員が関西地方出身で(大阪、兵庫)関西ジャニーズJr.出身者で構成するグループとしては、関ジャニ∞以来10年ぶりのデビュー。

 

余談ですが、Jr.というくくりにすると東京、関ジュとくくるのが関西ジャニーズJr.で、元ボイメンの平野紫耀くんは関ジュです。

デビューまでの道のりはジャニーズ史上一番泥臭く、ドラマチックではないかと思います。熱く語りすぎると泣けてきますがこれは後で話しします。

 

ゲスめなセンターから天然イケメン、癒し系奇抜チビなど、幅広いジャンルのイケメンだったりそうじゃなかったりする人が在籍しており様々なニーズにお応えできるかと思います!

 

それでは今からさらに、そのメンバーについてお話ししていきます。

 

 
f:id:asazora:20161121170822j:image

 

ジャニーズWESTはJr.時代は長いですが、まだデビューして2年目

番組などでもメンバーカラーがはっきりしていて、新規にわかりやすい設計。

 

それではメンバー紹介!!

「えくぼは恋の落とし穴、圧倒的センター 重岡大毅

「響く歌声と確かな歌唱力、ぽちゃドル代表 桐山照史

「ブレイン担当、最年長の遅れてきた思春期 中間淳太

「奇抜真面目チビ、みんなのオカン 神山智洋

「天然と男気に溢れる、ただでは済まないイケメン 藤井流星

「みんなのリア恋枠、ハイスペックなで肩 濱田崇裕」

「国民的弟、芸人キャラの人類初の2.5枚目 小瀧望

 

関西出身のグループということもあり、トークは非常に安定しています。しかし、ボケたがりが多いので現場がちらかる場面もしばしば

構成でいうと、ボケ、ボケ、ツッコミ、ボケ、1人飛ばして、ボケ、ボケ。

この飛ばされた流星くんは何?って感じですが、彼は傍観者でした!w

理由についてはのちほど紹介します。

 

では1人ずつ見ていきましょう!!!

 


f:id:asazora:20161121170835j:image

 

「えくぼは恋の落とし穴、圧倒的センター 重岡大毅

 

ちなみに名前の隣の顔文字は重岡くんを表しており、ジャニーズのメンバー(少なくともデビュー組)はみんな固有の顔文字をもってます。

はてなブログやコンサートレポでも使われることが多いので覚えておいて損はないよ。メールやLINEで使うこともあります。

 

誕生日は1992年8月26日。現在、元気な24歳児

大体5歳くらいだと思ってみるとかわいいです。

出身は大阪でA型の身長は176㎝と以外と高め。メンバーからも地元の友達からも「しげ」と呼ばれてます。

 

現在、映画「溺れるナイフ」が絶賛公開中。興味があれば一緒に溺れましょう。

 

重岡くんのチャームポイントは右側だけにできるえくぼだが、笑顔もとってもチャーミング。

ファンの間では「だいきゃんスマイル」「だっきゃんスマイル」(確か濱ちゃん命名)などなどそんな感じで呼ばれています。しかし、当の本人は「にこにこ天使ちゃん」と呼んでいるっていう。

メンバーからはそっちのほうが恥ずかしいわって言われている。そうやね。

 

オタクの妄想の中では、もっぱら隣に住むぶっきらぼうな幼馴染初恋の相手です。

うるさいクラスメイトだったりもしますが初恋はこの男、重岡大毅。まぁ、わかる。

 

ラジオや番組でも騒がしく、ふざけ続けないと死ぬようで常にうるさい

隣にいる人が恥ずかしくなるような嫌がらせが大好きで(主に淳太くんが餌食)、エピソードでいうと、スクランブル交差点のめちゃくちゃおしゃれな服着た淳太くんとジャージ姿のしげが歩く姿は一度見かけたい景色。しかも、ジャージの前は開けており、自分たちのコンサートツアーT着用で「Let’s Enjoy together」って書いてある。(画像参照)無理や!!

 

先ほどから何度も名前が出ているメンバーの中間淳太くんのことが大好きで、「唇に明太子ついてる!」は日常茶飯事で毎日がウザがらみ。引き際を知らないというか知ったこっちゃない。嫌がれば嫌がるほど好き。小学生だね!

 

しかし、圧倒的センターなのには間違いはない。

「グループ」で売れることを一番に考えており、デビューの際は最初から最後まで7人にこだわり続けた男。

子供のころから、周囲にうまく溶け込み、自分の意見を持たず流されていた少年はジャニーズWESTというグループの中で成長し、初めて自分の意志で未来を取捨選択していく。

そして、信念を突き通す強さと、芸能界を生き抜いていく上で大切な運やカリスマ性を持つようになる。

 

そんなセンターでウザがらみの重岡くん。先輩からは「歯が多い」といじられます。

あと、関係ありませんが「税金が安いから」という理由で軽自動車に乗ってるのめちゃ良エピソード。

 

お酒は好んでは飲まず、飲むと気分が悪くなるタイプ。やっと黙るね!

 

あと、3つ上のお姉ちゃんがいます。

 


f:id:asazora:20161121170847j:image

 

「響く歌声と確かな歌唱力、ぽちゃドル代表 桐山照史

 

1989年8月31日生まれの27歳。大阪府出身のA型。身長は173㎝。

先ほどの5歳児の方が大きい。

木曜日には淳太くんと隔週でヒルナンデスに出演中。着々と茶の間に顔を広めている。

Jr.歴は10年以上と下積み時代が長い

中間淳太くんとはB.A.D時代からのシンメ。淳太くんが大好きである。

『ごくせん3』ではHey!Say!Jumpの高木雄也やメンバーの中間淳太とともに主要メンバーとして出演。世間のイメージはごくせんかヒルナンデス。

 

趣味はダイエット。特技はリバウンド。

アイドルとしては抱き心地のよさそうな体型から親方と呼ばれたり。

親しみやすいキャラからバラエティではガンガンにいじられツッコミを入れて笑いをとっているが実はかなり繊細で傷つきやすい一面も持っている。

彼の中には可憐な少女が住んでいると淳太から言われるほど。(考え込んでしまうタイプでストレスと過労から入院したり一時期右耳に難聴があったり。騒がしいキャラなのは彼にとって無音が一番うるさいからだとか)

 

歌声は力強く、大サビは注目。コンサートでは美しいビブラートが響き渡る

 

面白くてかっこいいけどかっこよすぎず、近所に住んでて欲しいお兄ちゃんランキング堂々1位だが、どこか闇を感じる。WESTのリア恋枠である。

 

そして、桐山くんで有名なのがB.A.Dの串カツ事件

2012年12月に桐山がダイエット中だったため、淳太くんの優しさからご飯に誘わず濱ちゃんと関ジュの室(龍太)くんと文一くんで食事に行ったところ、食事中に桐山からメールがあり「僕だけ呼んでくれないなんて僕なんかしましたか?」と。彼女かよ。

次の日の関ジュコンでもまだ不機嫌な桐山に対してステージ上で以上のエピソードを話すと「昨日は濱ちゃんの誕生日やったし、B.A.Dの結成8年目最後の日やったから、お祝いするのかなって思ってたから、ハブられたと思って…」とえぐえぐ泣き出した。

やめてしまった仲間のぶんの夢や想いも背負ってきた仲間だと思ってたからとかなんとか言いだしたり…。

最終的に濱ちゃんの「今日から9年目やな」に対して淳太くんと二人してステージ上で泣きじゃくって抱き合うというとんでもねー事件である。舞台上のほかの関ジュはもちろん苦笑いで見守っている。

 

酔うと甘えん坊になる。泣く。

 

グループではお兄ちゃんだけど実際は末っ子(4つ上の兄がいる)だし、たまんねーよな!

 


f:id:asazora:20161121170855j:image

 

「ブレイン担当、最年長の遅れてきた思春期 中間淳太

 

1987年10月21日生まれの29歳。最年長だけど見えない。兵庫県出身のO型、175㎝。

グループ内では唯一のツッコミで、いないと大変なことになる。5人の暴れ散らすボケを的確に片づけていく。

父親が台湾人のハーフで、中国語・英語・日本語が話せるマルチリンガル

 

母方の祖父が会社経営をしており、ドン引きするくらいの金持ち

ジャニウェブに上がったおじいちゃんの家がとんでもなく広かったらしい。

私服のお値段が桁外れにお高く気軽に「おそろい♡」ができない。一年半貯金して買った時計が約176万の(ジェイコブ社 ザ・ファイブ・タイム・ゾーン JC-126D)時計では?との噂。ファーーー!

ほかにも、

  • レストランといえば個室を思い浮かべる
  • 100均に行ったことがない
  • ジャージが7~8万
  • 立ち食い蕎麦に対し「なんで立ったまま食べるん?」
  • 玄関に大理石で巨大な花器がある
  • 休日の朝ごはんは自宅のテラスで食べる

などなど金持ちお淳太様である。

 

関学卒のインテリ。「ちちんぷいぷい」とか「正義の味方」とかニュースの番組のコメンテーターもしている。ちなみに卒論のテーマは「遊園地経営成功のカギ ーTDLから学ぶ、遊園地に必要なものー」でした。

 

ラジオ番組内で「彼女が欲しい」「28歳の内に彼女作ります」宣言をする新種アイドル

ファンから「彼女欲しいアピールしつこいです」「男子校だったから女子慣れしてないとかダサい」など鋭いご指摘がありその結果がこれである。

お淳太様とファンの関係性がみえてほくほく。

 

毒舌でドS(安直やけどほんまそれ)ですが、一番「アイドル性」を大切にしていて、アイドルの中間淳太を大切にしている。ファンと対で会話をしているようなトークが非常に良い。

正直、ここまでサーチしてる中で淳太くんに堕ちなかったことはかなりの疑問点。タイプ過ぎるんだけど?って思った。

ドSエピソードとしてはラジオで?太っちゃったんで痩せるために一言くださいに対して「自分の不摂生で太ってるねん!綺麗になるまで俺に会うな!」、「街中でデブって言ってくださいって言われたのでブスって言ってあげました(笑)」などがある。

松竹クリスマス2013で男子校のクラスメイトに嫌味っぽく「クリスマスの予定ないの?」と言われ、「1000人の女の子と過ごすで」と言い放った。かっけーー。

 

アイドル中間淳太ファンサはやばいらしい。リバうちわ(裏と表で書いてる名前が違うもの)にめちゃくちゃ厳しいTAMER。TAMERの意味は「調教師」でソロ曲のタイトル。すごくよいです。

ほかに、自分のファンが見てないうちに淳太うちわから違うものに変えると自分のものに変えるよう舞台上から指示するとか。ファンの浮気は許さず「浮気したら素焼きにするぞ」は名言

 

ラジオでの下ネタの盛り上がり方が中学生。女の子に幻想を抱いてそう。男兄弟なので(3つ年下の弟)ありそう。最年長が解き放たれてるラジオ。恋愛になると、すごく可愛らしい妄想を繰り広げてくれる。

 

酔うと金をばらまく。お酒は強いが、先日記憶がなくなるくらい酔ったらしく、ベットに入っているし、やることはちゃんとやってるのに、玄関に金がばらまかれていたらしい。てことはお支払いはお札?フゥーー。

 


f:id:asazora:20161121170902j:image

 

「奇抜真面目チビ、みんなのオカン 神山智洋

 

1993年7月1日生まれの23歳。兵庫県出身のA型で身長は170㎝。一般的には十分な身長なのに、高身長グループに所属しているため「ちび」扱い。

 

関西ジャニーズのオカン。料理、洗濯、掃除なんでもできる。ジュニア時代や長期の舞台でホテル暮らしの際はみんなの分の洗濯(畳むまで)をしたり、家でも料理したりオカン力高め。洗顔や化粧水、乳液の塗り方、リンパマッサージまで披露してくれる神山くんは女子力も高め。姉、兄、妹二人の5人兄妹だから?出来過ぎじゃない?

 

髪の色が頻繁に変わる。ネイルもする。第一印象は見た目が原宿にいそうなK-POPの人。

メンバー1のおしゃれさんで関ジャニ∞の安田くんっぽい。

髪の色は地毛の黒から茶色、金、銀、アッシュ、赤、青など月1くらい変わる。舞台の昼公演と夜公演で髪色が変わった時はさすがにびっくり。髪型もさらさらストレートからふわふわパーマ、ポンパ、マッシュ、前髪アップなど色んなスタイルを見せてくれるが頭皮が非常に心配。

 

性格は優しく、メンバー1アツい男でとても真面目。仲間想いでひたすらに優しい。ツッコミの手すら優しい。コンサートの挨拶ではいつも熱い言葉を言ってくれるらしいが熱すぎてメンバーからイジられることもしばしばらしい。(ファンを土に例えたり、ひまわりとかにする)

 

「BIGでVIPなTOP」になる。少クラで七夕のお願いとして短冊に書いた名言。ちょっと前の神山担の合言葉。

 

負けず嫌いで一匹狼なところもあったが、今はいじられキャラに。箱の中身はなんじゃろなでバラエティの常識を覆す、ビビらず手を突っ込む人。ガシガシに触って当てる。

Jr.時代はジャックナイフのように尖っていた神山くん4年後輩のしげりゅせに本人に気付かれないように「お前」っていうゲームをされていたし、「誰がお前やねん」と反応したり…。今も雑誌で「神ちゃんは丸なった」といじられる。大人になってすっかり優しいバターナイフへ。でも、たまに拗ねそうな時あるから地雷はまだある。まだペーパーナイフかな?

 

歌、ダンス、アクロバット、ものまねとなんでも器用にこなす。トランペットのボイパをしたり、ギターも弾けるし、色んなことに興味を持ちそれをしっかり習得する人。3日坊主で終わるのは流星くん。スキルメン…好き…。


f:id:asazora:20161121170908j:image

 

小型車両系建設機械運転免許を取得。

テレビ東京で放送中「リトルトーキョーライフ」中で突如誕生した重機オペレーター神山。

メンバーも免許取得を知らず、神「免許とってん!」「何してんの!?」とまじのリアクション。しかも、現場の人から「初めてでこんなに土すくえねぇよ」と褒められる。器用だね!あと、免許取得のこと黙ってたのめちゃくちゃかわいくないですか。

 

お酒は弱く、首とおでこにタオルを乗せて寝てしまう。「とりあえず生で!」が言いたいがためにビールを頼むが、許容量は半分。劇団☆新感線はお酒をめちゃめちゃ呑むので舞台を通して強くなったはず…。

好きなエピソードは自身のハタチの誕生日におかんに「ちょっとコンビニ行ってくる」とお姉さんとコンビニに行き、日付が変わった瞬間、レジにどーーんとお酒を置いた話。もちろん年齢確認で免許証を確認されて、店員さんに「はりきっとんなー」と思われたであろうエピ。かわいい。はげそう。


f:id:asazora:20161121170915j:image

 

そして、この秋、私をフェスティバルホールに週3で通わせた男。

VBBの蛍太郎くんめちゃ無邪気だった。まさかのパンイチも見れて(画像参照)、初現場でこれとか私これから大丈夫かな。器用で不器用な神山くんのこれからに期待大です!ラジオでメンバーがどんだけ下ネタで盛り上がってものらないでいてくれてありがとうオリゴ糖!!!


f:id:asazora:20161121170922j:image

 

突然の、ブンブンブン!妄想族~~~!!!(ラジオのコーナー名)

一番右の神山くんは、同じゼミでたまたま朝のホームで会って「神ちゃんおはよう」って声かけたら、びっくりしながら嬉しそうに振り向いてくれて片思いされてるの自覚した瞬間やし、

真ん中の神山くんは、長い交際期間を経て結婚して特にすることもない日曜日のお昼に、私がお昼ごはん作ってる間に新しく買ったゲームで遊んでるやつやし、

一番左の神山くんは、ダンサーになる!って夢を叶えるために上京した智洋がたまたま兵庫に帰ってきてて仕事帰りに私の家の前で「久しぶり」って待っててくれるやつやし、


f:id:asazora:20161121170929j:image

 

でも、どんな神山くんでもきっと幸せにしてくれる!素敵な旦那さんになると思う!はあああ~~~~~!!!!!!!


f:id:asazora:20161121170933j:image

 

好き!!!!!!!(茶番)

 

以上です!!!


f:id:asazora:20161121170939j:image

 

「天然と男気溢れる、ただでは済まされないイケメン 藤井流星

 

1993年8月18日生まれの23歳。大阪府出身のB型。身長は181㎝とかなりの長身。

 

現在放送中の日本テレビレンタル救世主」で葵伝二郎を演じている

私の「そし誰」日下ロスを埋めてくれた神。コメディチックだけど、毎回、芯をつくようなセリフがあって夜中に一人で泣いてる。ぜひ興味あったら見てほしい。

 

小瀧望とシンメで高身長な二人のためツインタワーと呼ばれる。見てのとおりイケメンでビジュアル担当である。

妹二人(ShuuKaren)はE-girlsに所属しており、イケメンと美女の兄妹である。長男で考えはしっかりしているが、いかんせんアホで天然である。(妹のために毎回ステージある度にお花出してるの最高)

 

中身は男気に溢れている。イケメン、マイペースと天然の合わせ技を持つずるい男。ギャップってやつ。恋愛の話になるとチャラそうやけどそんなことなくて、女心をほどほどに理解できない男の子。でも、人間臭さはあるからちゃんと女の子と付き合ってきたんやろうなって感じがします。

 

藤井流星がいなかったら7人のジャニーズWESTは存在しなかった。ここ重要。テストに出ます。説明は後程。

 

最初の、「5ボケ:1ツッコミ:1傍観者」の理由は人数が多いとしゃべれないから。

「人数が少なかったらしゃべれるけど、多いとええかなーって」「仕事せぇ」

ごもっともである。3人くらいがちょうどいいらしい。

 

天然エピソードがまじかよレベル。

  • 水を口に含んだことを忘れてそのまましゃべってびちゃびちゃになる
  • 手に持っているヤクルトが半分残っているのを忘れて釣りのジェスチャーをしてスタッフさんのカバンに乳酸菌をぶちまける
  • 携帯をちょっちゅう無くすのでパッドで携帯を探すアプリを入れたが大体隣のクッションの下とかからスマホがみつかる(探すことをやめた様子)
  • たまごアイスの最後の一撃を顔にくらう

など。

 

藤井流星 喉 ハムスターがめちゃくちゃ面白いのでぜひ聞いてほしい。

 

コスプレはサンタコスプレが好き。クリスマスの日に生まれて家にサンタコスした彼女がいたら最高らしい。ハロウィンもサンタコスしてほしいみたい。たぶん、思ってる以上に彼は好き。

 

これだけイケメンで性格クズなんじゃないの~って思ってたけど、男気あるし中身もイケメン。ずるいやんけ。

 

お酒が強い。天然は弱いのが定石なんじゃねーの!?違うんか!

 


f:id:asazora:20161121171018j:image

 

「みんなのリア恋枠、ハイスペックなで肩 濱田崇裕」

 

1988年12月19日生まれの27歳。兵庫県出身のAB型、178㎝。

田舎生まれの田舎育ち。トラクターとか運転できる。小学生のころ一番近かった100均は急いでチャリ漕いで30分強(田舎の二駅先)

 

性格は優しすぎる。テンションは高めで櫻井翔くんよりなで肩のなで肩界のホープ優しすぎて優しすぎる。何しても怒らないのでは?って感じ。でも甘えられるのは嫌で甘えたいらしい。まじかーーー意外なんですけど。でも、姉2人、兄の末っ子だしそういうこと??

 

ジャニーズWESTのリア恋枠。親に紹介したい。結婚したいオタクがたくさん。知っていけばわかると思う。

 

アホがばれてもご愛敬。麒麟の田村さんに似てる。漢字の読み間違いとかが多い。

「縁がなかった」を「みどりがなかった・・・え?どういうこと」「それ、えんや!」

丸山くんと電話をしててかけなおすわ!と切られてあさの4時まで待ってたとかあほかな?優しすぎか?

 

顔は田村さん似だけど、スタイルはめちゃくちゃ良いし顔ちっちゃいし、アクロバットもこなす。高身長な分迫力がすごい。

濱田軍団というめちゃくちゃリア充集団がある。メンバーの小瀧・藤井とともにスノボに行ったり。くるくる回って技とかやっちゃうくらいうまいらしい。オールラウンダーなとこ出てる。

 

グループで恰好はつけないタイプだけど根のかっこよさが出てきてる。一番効くし、こういうところがリア恋枠な言われてるんかなーと。一人だとちょっと危なっかしいけど、メンバーの誰かいると安心しきってて、誰かといるときが120%濱ちゃんだからその誰かになりたいってとこがリア恋枠に感じるのかなと思う。というか私はそう!!

 

ライブでは自分のパートをちょっとメロディーを変えて歌う。半音あげたり。すごい好きだけど、ラジオ内でメンバーからいじられたのでもうしないかもしれない。聞きたいからやって。

 

最近、バス釣りにハマりすぎて淳太くんに普通に怒られる。「釣り行ってる暇があるんやったら、バラエティ勉強せえ」ガチやんけって笑ってるけど、頑張りましょう。

 

ジャニーズWESTをあばけ」はめちゃくちゃ笑うのでこちらもぜひ。



f:id:asazora:20161121170950j:image

 

「国民的弟、芸人キャラの人類初の2.5枚目 小瀧望

 

1996年7月30日生まれの20歳。若い。大阪府出身のO型で身長は184㎝。

メンバー1の高身長。流星くんとシンメのツインタワー。最年少

 

顔はわんこ顔イケメンだが、中身はガヤ芸人のボケたがり。

ファンレターに書かれていた「人類初の2.5枚目」というキャッチコピーを気に入っており使用している。名付け親のファンの子、生きてる?

 

雑誌『FINEBOYS』のレギュラーモデルとして活躍中。スタイル良すぎる。

 

最年少であるが、立ち回りが上手く、全体のバランスを見ながら色んな役に回る。

弟キャラの甘えん坊で懐に入るのがうまい。周りの人に愛されてきたのがわかる。

嵐の大野くんと共演してから連絡を取り合ったというエピソードを聞いて、嵐オタとしてはめちゃうれしい。あの大野くんの懐に入る後輩がいるとかすげぇ。愛されキャラで、小瀧くんだから許されるみたいなとこある。

 

姉弟の仲が良い。というか、7つ上のお姉ちゃんが重度のブラコン(わかる)。「望」という名前はお姉さんが少女漫画の「ナースエンジェルりりかSOS」の登場キャラから付けた。仕事から帰ってきて「望~」って抱き着いてくるらしい。まじかよ。

 

一番若いがスタミナがない。激しいダンスの後は一番にバテてる。テンションが高くはしゃぐが持続性がなく下がるのも早い。すたみな…。

 

恋愛マスターでジャニーズ史に残る名言がある。

「いい加減好きって気付けよ」弱冠14歳が言い放ったセリフである。

5年の時を経て同セリフをラジオで言った時の重岡くんの一言「いい加減好きって気付かれろよwww」

 

20歳の誕生日にメンバー全員でお祝いしてもらう。

みんなでご飯を食べに行くが、感動して泣いた桐山くんに胸を貸しお酒でつぶれた神山くんの介抱をする20歳小瀧

ちなみに神山くんは小瀧くんが20歳になるねというエピソードに対して「俺は小瀧を酔いつぶす!飲み比べや!」と豪語している。結局、酔い潰れてるのかわいいね。

 


f:id:asazora:20161121171042j:image

 

以上の7人が「ジャニーズWEST」です。

 

年齢順は上から淳太くん、濱ちゃん、てるし、しげ、神ちゃん、流星、のんちゃん。リーダーはいません。

 

最年長と最年少の年の差が9つあるため、今年しかメンバー全員が20代の年がない。

年の差を感じさせない仲の良さがぐっとグループの魅力を引き立てているように思います。

メンバーの7人が全員“7人”でステージに立つことを大切にし、切磋琢磨しあってきたからこそのチーム力。

 

気になる人はみつかりましたか?メンバー紹介だけではわからないと思うので、ぜひLIVE映像を見て担当を見つけてみてくださいw

 

この7人のボケてツッコむ関西のハイカースト集団

グループのパフォーマンス力の高さやメンバーの仲の良さが最大の魅力ともいえますが、このグループとしての魅力は一度、デビューという大きな門出を前に脆くも崩れてしまいました。

 


f:id:asazora:20161121171047j:image

 

ジャニーズWESTのメンバーがどう選ばれたのか?

 

関西ジャニーズJr.の兄貴 B.A.Dの中間淳太桐山照史

B.A.Dの二人は今でこそ仲良しだが、最初は性格もやることなすこと真逆でめちゃくちゃ仲が悪かった。すこしずつ大人になっていく中でこういう考えの人もいると受け入れるようになり、今では言わなくてもわかってくれる熟年夫婦のような二人に。

 

そんな二人と、

 

色々あった7WESTの重岡大毅神山智洋藤井流星小瀧望。すでにここでドラマある。写真はだいぶ丸めやけどジャックナイフ神山時代。

 

そして、

 

濱田崇裕 with Veteran。かなりの重鎮だったのがみてとれます。Jr.時代に9年一緒にいる相方を失ってる。このエピソードもやばい。

 

そんな7人がジャニーズWESTになりました!!!

 


f:id:asazora:20161121171051j:image

 

ここは、本当に気持ちで語る!みたいなとこで、文章がはちゃめちゃですが、脳内補完で読み進めてください~。

 

 

カウントダウンのステージでデビューと発表したのは4人。

ステージで笑わなきゃいけないのに、あんなに笑えてないアイドルは初めてみた

 

関西Jr.のファンはどんなグループのファンよりたくさん泣いてると思う。

基本、仕事は夏と冬のコンサートだけ。夏にファンになって、冬もいると思っていったステージにはいなかったりする。

涙をこらえてるファンの顔を何度も見てきた。

誰かやめても伝えられない、“俺らがいつかデビューして、その涙の何倍も笑顔にさせるから”という思いは笑ってもらうためのデビュー発表でドデカイ涙を流させてしまった。

(2015年4月Myojo中間淳太10000字インタビューより抜粋)

 

Jr.時代のグループは違えど、事務所の人がいない分先輩後輩で指導しあってきたので団結力は東京より強い

 

2013年9月舞台『ANOTHER』(藤井以外出演)で事務所から“7人でデビュー”と告げられ、デビュー曲は何にするかの話もして、「ジャニーズWEST」という名前も候補の中にあり“7人でデビューできる”と喜んでいた

カウコンで発表かとのうわさもあったが、最初予定されていた関ジュの出演が直前で無くなった。その数日後に「やっぱり出る。舞台の打ち合わせもするから東京に来て」と連絡があり、行くが中間、桐山、小瀧、重岡と4人しかいない。

 

そこで「4人でデビューすることを知る」

 

3人には俳優としての道を…と言われるが「7人でデビューしたい」と最初から最後まであきらめなかったのは重岡大毅

 

3人にデビューのことを伝えられたのはカウコンの数時間前。

デビューについてのグループメールに対して「教えてくれてありがとう」としか言えず「もう無理や」と諦めるなか、家のテレビの前で頭が真っ白になっても「俺は何としても入るよ。濱ちゃんもあきらめんなよ」と諦めず2人電話したのは藤井流星

 

流星くんの言葉を受けて、無理かもしらんけど…と立ち上がった2人。

 

社長に電話をしてなんとか話を聞いてもらって、直談判をして、必死に7人でのデビューをお願いした。

4人の後ろに3人をつけるかたちになるかもしれないと言われたりもした。

それでもいい7人がいい、7人でいたい。そんなんいやや、一緒に頑張ってきたんやから横並びで7人がいい。

 

7人が戦い葛藤する中、共通した思いは「7人」でいること。

 

7人でデビューできるかもと確信したのは、『なにわ侍』の物語、稽古初日。

トーリ-がオーディションで選ばれた4人に選ばれなかった3人が加わってひとつのグループになるって構成を伝えられ、みんなでセリフを考えたとき。

 

1幕の「俺の分も頑張ってくれ。もう自信ないねん。今まで自分ができることはやってきた。全部やってきた。それでも報われなかった」かみしげの掛け合い。

最後のシーンはアドリブでセリフを考えようとなり、「濱ちゃんが必要なんや」「これで勢揃いやな」7人になる。

 

2幕の幕が上がり、4人の名前が呼ばれ、3人が呼ばれ、「この7人でCDデビューします」と発表。

 

デビューにこだわった分けじゃない。この7人にこだわり続けた。

4人と3人でなく、横並びでの7人。

 

「4人と言われて一旦は受け入れたが、7人という思いを捨てられなかった。(当初入れなかった3人を)感情的に入れたいという気持ちもあったが、それだけでどうこう出来るものではない。自分は、グループとして国民的グループになりたい。その為には3人の力が絶対必要だと思った。」

 

余談:歌詞割りも最初は差があったけどだんだんなくなってきた。

淳太くん:神山くんが衣装で帽子を被りたいという意見を事務所の人にダメだと言われた際、じゃあ僕も帽子被るので神山のもOKしてくださいと意見したこと。

流星くんの衣装に金色がほかのメンバーより少ないとき、じゃあもういっそ真っ黒にして全然違う衣装にして目立たせてください。

 

押えるべきところ

*直談判 *重岡くんがあきらめなかったところ *流星くんの電話

*1月4日の関西ジャニーズJr.コンサートの現場はお互いに意識し空気が最悪だったこと *全員が7人にこだわったこと

 


f:id:asazora:20161121171057j:image

 

私プレゼンツ「ジャニーズWEST」も佳境となりました。

ここでおすすめの曲や動画をご紹介します。

 

  • 「PARTY MANIACS」はガンガンのクラブ曲で、ライブで聞いたらテンション振り切れると思います。どちゃくそかっこいいのでぜひどうぞ。ヘイヨッ!カンダンウィズミッ!
  • 「TAMER」はお淳太様のソロ曲。ステージで鞭を持って歌う姿はまさしく調教師。よそ見することを許されず、最年長の色気に魅了されること間違いなし。
  • 「100% I LOVE YOU」めちゃんこかわいいアイドル曲。カラオケで歌いたい・・・し、きっと歌う。
  • 「Criminal」ストーカーの歌。さらに2曲あり、Can‘t stop→Criminal→Eternalの順で聴くと話の繋がる狂愛三部作。オタクこういうの大好き。
  • 「SCARS」も割とやばめ。この人たち、とんちきソングか狂った愛の歌しかないの?ってくらい純愛がない。(あるけど)
  • 「Summer Dremer」は歌詞の中にメンバーの名前がちりばめられた歌。こういうのも大好き。
  • 「Mambo de WEST!」と「アカンLOVE~純情愛やで~」は「ええじゃないか」と並ぶジャニーズとんちきソング。マンボ踊ったり、パラパラ踊ったりする。私はパラパラ踊ってる神山くんで堕ちた。

 

最後はジャニオタ御用達番組「ザ少年倶楽部」というなんだかいけないタイトルのジャニタレ番組内での、大人気茶番コーナージャニーズWESTの昔話シリーズ」

日本シリーズを経て、ついに世界進出まで果たした彼ら。忠実に再現しながらも関西色バリバリの昔話のはじまりはじまり。ふつうに面白いので非オタにもおすすめ

個人的に一番笑ったのは「白雪姫」。

 


f:id:asazora:20161121171100j:image

 

そして、こちらは私の癖という癖にまみれたおすすめコーナー。

 

ラジオでは「彼女になんて呼ばれたい?」と小滝望20歳の誕生日会の「全員集合誕生日会」がおすすめ。

「彼女~」ではふざけ倒した後にちゃんとトークをしますが前半のインパクトが強すぎて何にも情報が入ってこない。

 

淳太「彼女に何て呼ばれたい?」流星「りゅうちゃろやな」

 

ハイもうスイッチ入っちゃったね。しばらくボケ倒してかえってこないやつだ。

誕生日会ではお酒エピソードがきけちゃいます。イエア!

 

現在はタイトル名を変え、ドヨルのエージェントWESTとなっていますが、以前放送していた「ドヨルの妄想族」はかなりオタクのハートを射止めていたと思う。

神山くんのストーカー男のストーリーでみせる表情は全神山担の血液を沸騰させたといっても過言ではない。私は死にました。

他にも、小瀧くんとマネキンの話や流星くんと詐欺師の話もなかなか欲望を満たしてくれます。アザーーース!

 

あと、本当に私の癖でしかないけど、粉モンクエストでは後部座席で撮影開始15分であほ面で寝こける最年少BB(ビックベイビー)や運転の時だけ視力が悪いから黒縁眼鏡をかけてオープンカーを運転する神山君が見れます。これも見ながら変な声が出ました。



f:id:asazora:20161121171103j:image

ありがとうございました!!!

Let’s Enjoy Together!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

このパワポ終了後に、ノートの書き込み付きのコピーをお土産に渡し、LINEにURLを送り付ける迷惑なオタクをし、講演会は幕を閉じました。

 

私のこんなことに付き合ってくれた友人に、ありがとう~ありがとう~(虹/二宮和也)です。

 

大学の友人4人で申し込みをしましたが、4人とも全く違うタイプを好きになるので、なにをしても意見が重ならなくて面白いんだよな~~。

 

このメンバーでコンサート行きたいな~~。

Jのコンサート見て欲しいな~~~。

 

チケット当たりますように!!

 

そして、最後まで見て頂きありがとうございました。

口の悪いところ、文章がまとまっていないところには目をつぶっていただけると嬉しいです。

 

 P.S.

色んな方のブログを読み漁ったので似通った表現があると思います。ご了承下さい。

 

 

“神山智洋”くんを好きになった一週間後「Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!〜」を週三で大千穐楽まで観に行った。

 

はじめまして。

 

 

劇団☆新感線RX『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』を観に行ってきました。

週三でフェスティバルホールに通い!!!大千穐楽まで!!!!

 

全60公演、本当にお疲れさまでした。

最高に楽しい、神山くんの初現場。

ありがとうございました。

 

 
f:id:asazora:20161112090142j:image

 

なぜジャニーズWESTを知り、神山くんを好きになったのかを踏まえ、VBBのお話しをしたいと思います。

長くなりますが、興味がありましたらお付き合い下さい。

 

 

私がジャニーズWESTを知ったのは約一ヶ月前。そして、

神山智洋くんを好きになったのは『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』大阪公演の一週間前でした。

 

ド新規なんて言葉で表すのもはばかられるくらいのド新規。

「私、ジャスミンです♡」なんてとても言えない。

しかも、二週間前は小瀧くんが気になってジャニショ行って用紙に番号書いてました。だから、まだ申し訳なさから神山担って言えませんでした。小瀧担って言ったこともないけど。

 

 

では、なぜ神山くんなのか?

 

 

 私は、一ヶ月前にABCテレビで現在も2期が放送中の「ドヨルのエージェントWEST」でジャニーズWESTを知りました。

メンバーの濱田崇裕くん・小瀧望くんがメインで、マジック動画を再現する回で、そういえば新しくデビューしたグループって関西の人だっけ?程度の認識でした。

そこから、推せそうな感じのグループだなぁと番組をチェックを入れ始めました。

 

ここまでくると後戻りできないのはなんとなくわかる。

 

ミュージックステーション30周年ライブで、「海老沢くんセンターで歌ってるやん!」ととっかかりが出来たことが大きかったかもしれません(外部のお仕事って大事だね。)

 

そして、軽率にパリピポライブのBlu-rayを購入。

 

そこでガシガシに「アカンLOVE~純情愛やで~」を踊る神山くんを観て、この人好き!!!と神山くんのことを好きになりました。

 

ライブも中盤で、ファンと一緒に踊るよ~!って曲なのに、ファンを置いてくというか吹っ飛ばす勢いのキレキレのパラパラ。メンバーも置いてけぼりなくらい。それはそれは、ガシガシのキレキレ。

 

 2015年の春頃から名古屋のエンターテインメント集団「BOYS AND MEN」の本田剛文くんを爆推していましたが、彼も全力でパフォーマンスをしていたので、似たようなものを感じたのかもしれません。またちょっと違うけど。

 

そこから、男前をめざせ!やbayじゃないかのラジオを某動画サイトで聞きあさり、メンバーの距離感や話し方を探っていきました。(好きになったらとりあえずWiki丸暗記タイプのオタクです)

 

リトルトーキョーライフで「小型車両系建設機械運転免許」を取得したって知った時はただただ好きが溢れた。メンバーも誰も知らなくて、「なんでとったん?!」って言われる神山くん。

あと、このピースの仕方めっちゃ可愛くないですか?すんごい好きなんですけど。

 

 
f:id:asazora:20161112083845j:image

 

と、書き始めると止まらないんですが、そんなこんなで急激にジャニーズWESTの世界へ。

ここまでで、小瀧くん含め加速し始めて3週間くらい。

 

 


そこでさらに、来週から私の地元大阪で神山くん出演の舞台公演があると知りました。しかも、会場はフェスティバルホール(自宅から30分)。

 

行くしかない。

 

 名古屋へ高頻度で通っていたので、30分で行けてしまう現場は行く以外の選択肢はなかったです。チケットは一般も終わっていたので、お譲りというかたちで手に入れました。

 

そして、大阪公演。

24日(月)夜、26日(水)昼、31日(月)の大千穐楽に行きました。

 
f:id:asazora:20161112083935j:image

 

 

突発的に手に入れたチケットを見て「狂ってるな~~(今が最高に楽しい)」って思ってました。

本当に突然の出費でかなり痛手でしたが、後悔どころかもっと行けたんじゃないかとすら思っています。だって、毎回見る度に表情が変わって一度として同じものはない生舞台なんだもん。

 

 

 
f:id:asazora:20161112083944j:image


 

1人で観劇は初めてだったし、とにかく「若い女は大体神山の女だ!」という目で見られるのでは?という考えがあったので、ファンとして恥ずかしくない格好をしよう、とデキる女をイメージして行きました。ひっさしぶりに髪巻いた。楽しかった(笑)

自分が目に付いただけかもしれませんが、神山くんのファンは多かったイメージです。

 

そして、肝心な舞台のお話ですが、ストーリーについてはあらすじだけ公式サイトから引用させて頂きます。あんまり説明せずに書くのでわからないかもしれないです。

 

物語の始まりは、平安時代

容姿端麗で剣術や武術に秀でて文才もあるのにすべてに恵まれ過ぎているせいか、またはその性格のせいなのか、何をしてもトゥーマッチ感が否めない<藤志櫻=生田斗真>。

竹から生まれた美しい<かぐや姫小池栄子>に自信満々で求婚するが、かぐや姫は貴族の中で最有力候補だった藤志櫻ではなく家来の<蛍太郎=神山智洋>を選ぶ。生まれて初めて挫折を味わった藤志櫻。そこに妖しいいでたちの男が現れ、彼に噛まれたことで藤志櫻はヴァンパイアと化してしまう。

 

そこから1000年が流れた2016年、東京。

1028歳となり、日本各地を転々としながら名を変え職業を変えて、愛した女性、かぐや姫の生まれ変わりを探し続けていた藤志櫻は現在、ビジュアル系バンドのボーカリスト<TOSHIRO>としてカリスマ的な人気を誇っている。ひょんなことから、前世占いの<マダム馬場=篠井英介>に出会い、かぐや姫の生まれ変わりを一緒に探すことになる。一方、そのころ新宿歌舞伎町では古参ヤクザの”蛇之目組”と、<竹井京次郎=中村倫也>率いる新進の半グレ組織”ナメクジ連合”が反目し合っていた。あることをきっかけに、彼らの闘争に巻き込まれていくことになる藤志櫻。果たして、かぐや姫の生まれ変わりはいずこに…?
 

 

「神山くんが舞台に二本の脚で立って、階段を上ったり下りたりしてる。平面以上の動きしてる。無理。」

 

かっこいいとかそんなんじゃなかった。生きてることに歓喜した。

オタクって推しとか担当前にすると途端に言語能力・知的能力が限りなく0になりませんか。

 

きっかけは神山くんでしたが、はじまるとお芝居の世界に取り込まれて、ただただVBBの世界に呑み込まれました。

「さすが」の一言につきました。ぶっとんだ(褒め言葉)お芝居で常に120%で楽しい!!観劇後の満足感と疲労感と喪失感も大きかったです。ずっとみてたい…。

 

 

VBBを観劇した際、オタク冥利に尽きたことは初日に登場した神山くんを全て見つけれたことです。

登場してすぐの蛍太郎のダンスだけはガン見こそできませんでしたが、蛍太郎としての登場夏フェスでギターを引き華麗に歌い上げる青年フードを被り全力で踊るナメクジ連合のメンバー、名前こそないもののキャストとして出演したシーンを全て気づけたことは、好きになって一週間の私が、神山くんを好きでこの場にいていい免罪符のようなものになりました。

まだ知って一週間のド新規がこの現場にいることがなんだかすごく不釣り合いなんじゃないかと思っていました。

ファンになったのは時間じゃないと私自身は思っていますが、でもやっぱり気になってしまうというか…。気持ちとは裏腹に現場数増やしましたが…そこじゃないんです!

 

でも、そんなファンになるまでの時間なんて関係なしに、私が今の神山くんが大好きで、目を惹き付けられる存在であったことにホッと胸を撫で下ろしました。

舞台上でコロコロと表情を変え、楽しそうに動く姿は“神山智洋”ではなく、かぐや姫に恋をする藤四郎のお付きの愛らしくどこか憎めないおバカな“蛍太郎”でした。

 

夏フェスでギターをかき鳴らし、観客を煽るように歌い上げる姿も、フードを被り顔こそ見えないものの思いの丈をぶつけるように踊るナメクジ連合の姿も、どれもステージで目を追ってしまう 魅力的な人でした。

 

今この瞬間、ステージ上で全力で“蛍太郎”を演じて、キラキラ輝いている人を応援出来ること、込み上げてくる感情を共有できたあのフェスティバルホールは私にとって最高のデビュー現場でした。

 

千穐楽での「斗真くんより先には泣きません」と涙を堪えた挨拶。

カーテンコールで出演者の方と肩を抱き合い、時にふざけながら歌う姿はきっと初日とは全く違ったと思います。

その舞台を通しての変化を見れなかったことは心残りですが、「また帰ってきたときに大きくなってもらえるようになりたい」と次への発言に期待し、これから別の舞台上で見せてもらえると信じています。

VBBで得意の歌とダンスを披露し、きっと贔屓目なしにも一番輝いていたと思います。

ギターが弾けるから披露の場を設けて頂いたり…「神ちゃん」ってたくさんのお兄さん、お姉さんに可愛がっていただいたのがわかりました。 

 

VBBの蛍太郎という役は生田斗真くんという先輩がいたからこその役。先輩がいたからこそのキャスティングというのは胸のつっかえとしてありました。

次にステージに立つ時は神山くんが前を行くような、そんな成長し大きくなった姿が見れると嬉しいです。

カンパニーでの成長がこれからの活動において良い経験となり、さらなる力を発揮させて、色んな役を勝ち取ってほしいです。

 

 

 

貴様ら貴族の下、蛍太郎は毎日薪を割り竹を刈り、汗を流して働いておったのじゃ。私はそれを遠くで見ているのが好きだった。

 

 

劇中でヒメ(かぐや姫の生まれ変わり)がなぜ藤志櫻ではなく蛍太郎を選んだのかを表すセリフです。

 

歌って、踊って、ステージ上でキラキラ輝く神山くんを、私は遠くから見ることしかできないけど大好きです。

 

ファンとしても、リアルで恋い焦がれる気持ちでも、誰かを思うことが代弁された一言だった思います。

 

 

 

 

 

そして、神山くんが仕事を勝ち取る前に私も勝ち取らねばならないものがあります。

 

11月17日「ベストヒット歌謡祭」観覧抽選。

 

週三で通ったフェスティバルホールに「ベストヒット歌謡祭2016」でBOYS AND MENが出場します。

 

ぜひ勝ち取りたい。

 

行ける可能性は…ありま~~~す!(ホボカタ)

 

 
f:id:asazora:20161112084032j:image

 

 

千年先まで愛してる。